島村参議員が厚労政務官に!|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

島村参議員が厚労政務官に!

 岸田内閣の発足に伴って、政府は6日の臨時閣議で、副大臣と政務官の人事を決定した。副大臣26人 うち女性1人。副大臣に決まったのは、自民党23人、公明党3人の合計26(女性は1)であった。歯系議員の渡辺孝一衆院議員、島村大参院議員がそれぞれ総務大臣政務官、厚労大臣政務官に抜擢された。また両議員は内閣府大臣政務官を兼任することにもなった。 

渡辺は当選3期目。東日本大学(現北海道医療大学)歯学部卒業。岩見沢市長選に当選。歯科医師で首長になり手腕を振るった。地域事情もあり比例北海道ブロック単独1区として登載され2012年に当選し、その後は防衛政務官を務めてその要職を果たしてきた。総務行政の重要性は周知のことであるが、総務大臣:金子恭之衆院議員(熊本県4区・7)、副大臣:田畑裕明衆院議員(富山県1区・3)、中西祐介参院議員(徳島県高知県合区・3)、政務官:鳩山二郎衆院議員(福岡県6区・2)、渡辺孝一衆院議員(比例北海道ブロック・3)、三浦靖参院議員(比例代表1期)の陣容で対応していく。

一方、島村議員は参院神奈川県選挙区で2期目。参院厚労委員会委員長を務めた際には、「参院は衆院と違い“良識の府”であると自覚はありますので、紳士に議論を深めていきたい」と委員長の自覚を呈していた。また、新型コロナウイルス感染症拡防止策として、ワクチン接種担当者の不足問題が明らかになると、政治判断で歯科医師等が指定されたが、その立役者と目された。その経緯については、後日、読売・産経新聞に報道され、関係団体等から評価を得ていた。政務官として厚生を担当するようだが、「まずコロナ感染症対策が一番。とにかく一つ一つ着実に対応していきます」と現状認識を示していた。