ネクストビジョン(マイクロスコープ)を導入しました!|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

ネクストビジョン(マイクロスコープ)を導入しました!
  • HOME
  • お知らせ
  • ネクストビジョン(マイクロスコープ)を導入しました!

ネクストビジョン

モニター越しの高精細画像を見ながらの治療は、従来のルーペやマイクロスコープと比較して慣れるまでの経験値が不要であり、歯科医の身体的負担を軽減し、さらに患者と画面を共有したり録画映像を教育に活用できたりと、これまでにない新たな提供価値を生み出している。実際にデモ機を触ってみると、カメラの移動が非常にスムーズであり、特別に説明がなくとも基本的な操作が可能であった。属人性に頼らず、歯科医の身体的・精神的ストレスを減らしながら治療の品質を高めた提案であると評価された。

口腔内写真と顕微鏡に有効な
深い被写界深度

ピントの合う範囲が広いので、口腔内全体の画像から治療部位の拡大画像まで、高画質で様々な用途に活用することができます。

観察しやすくなるブルーライト

ブルーライトにより、レジン充填部などの状態を観察しやすい映像が得られます。

根管まで映し出す疑似同軸化

新開発の光学設計により、照明を中心に寄せ疑似同軸化を実現しました。これにより、狭い根管の深部まで明瞭に観察できます。

一瞬で切り替え可能な
上下・左右反転機能

映像の上下・左右をワンタッチで反転させることが可能です。患者さんに伝わりやすい向きの映像を表示することで、理解度も高まります。

 

マイクロスコープ

もともと歯科におけるマイクロスコープの利用は、根管治療に焦点が当たっていました。しかしその後、「拡大して見られる」「侵襲を最小限に抑えられる(低侵襲)」「治りのスピードも早まる」などのメリットから、臨床応用について様々な試行錯誤が始まります。肉眼では得られなかったデータや精密治療の実績が増えていく中で、治療の適応範囲が広がっていったわけです。
結果として、歯のひびや亀裂の観察、顕微鏡下での歯周再生治療など、様々な患者様のお悩みと対峙するようになりました。
マイクロスコープによって患者様とのコミュニケーションの仕方も変わりました。患者様にとっても、新しい治療の選択肢を気軽に理解できるので、より納得して治療へと進めると喜びの声をいただきます。

虫歯

手術用顕微鏡マイクロスコープを使えば、治療部位を拡大できるので、当院では急性症状の虫歯や初期の検査において、マイクロスコープを必ず使用しています。虫歯の取り残しや、削りすぎるリスクを抑えられ、初期段階から神経を保存する治療方針を立てることが可能です。また、詰め物や被せ物の精度も上がるため、被せ物と歯の境目が綺麗に形成され、汚れもたまりにくくなるのです。マイクロスコープによる虫歯治療は、被せ物の適合性に強みがあり、長期にわたって健康な歯を維持する効果が期待できます。

根管処置

従来の根管治療は、感覚と経験だけが頼りでした。それがマイクロスコープを導入したことで、拡大した根管内を直視しながら治療できるようになりました。確かに時間はかかりますが、感染源を正確に取り除けるので、歯の根を傷つけてしまうリスクを最小限に抑えられます。「歯を抜く必要がある」「神経を抜かなければいけない」そのような状況においても、治療の選択肢を提案できる可能性があります。

歯周治療

歯周ポケットの深いところに付着している歯石に関しては、肉眼だと的確に状況を把握できません。無理に削ると、健康な歯質を傷つける可能性もあります。マイクロスコープなら、歯周病の原因である汚れをより正確に除去できるため、健全な歯肉を維持することに結びつきます。また、歯周病が進行し、歯茎が下がってきた場合は、「歯周形成外科」が有効である場合もございます。髪の毛よりも細い縫合糸を使用し、美しく整った歯肉の状態に回復できる可能性が高まります。

口腔外科

口腔外科でマイクロスコープを使うメリットは、切開が最小限で済み、傷口は小さく、出血や腫れも抑えられることです。そのため、難症例の抜歯や親知らずの抜歯なども、CTと組み合わせて安全に治療を行えます。特にインプラント治療においては、本体内部の清掃、術後の残留セメントも丁寧に取り除けるので、炎症も発生しづらくなります。