どちらがよいのか?「インプラント vs ブリッジ」または義歯|お花茶屋の頼れる歯医者コージ歯科

コージ歯科
0120-814-807
Web予約はこちらから

facebookライン@YouTube

インプラント

どちらがよいのか?「インプラント vs ブリッジ」または義歯

歯が抜けている方の治療で ブリッジは健康な歯を削るからダメ、
インプラントなら歯を削らなくてすむから良い という考えがありますが、
これは必ずしも正しくはありません。

インプラント相談でインプラントを
しないほうがよいことをしばしばお話します。
これは患者さんのことを思ってのことです。

よくあるのが随分前に前歯1本を抜いて、そのまま10年以上経過したケースです。
こうした場合、歯を支えていた顎の骨が3次元的になくなってしまっています。
つまり、骨の高さも厚みもなくなっている状況です。
こうした方に骨造成手術をして骨の高さや厚みを増すという試みもなくはありません。
しかし、これは決して易しい処置ではありません。
また、術後の痛み、腫れ、顔面皮膚の内出血など様々な合併症が起こりえます。

さらに骨ができるのを待ち、インプラントして歯が入るのに
約1年かかることもあります。
また、造成された骨が果たして10年後も維持されているのか かなり疑問です。

骨造成手術をせず、インプラントする方法もあります。
ただし、これはかなり持ちが悪いです。
インプラントの持ちが悪いからといって簡単に抜いてやり直すことはできません。

なぜ持ちが悪いのか説明します。
専門用語で歯冠歯根比という言葉があります。
これは私たちの歯で歯ぐきから上に見えている部分のことを歯冠、
歯ぐきの中に隠れている部分を歯根というのですが、
この比率のことです。

具体的には、歯冠の1.5倍の長さの歯根があればその歯はかなりしっかりした歯です。
少なくとも歯冠と歯根が同じ長さくらいあったほうが、
その歯は持ちが良いです。

人工物であるインプラントにも同じことが言えます。
もし、インプラントを支える骨の量が少ないと
時には歯根の長さが5mm くらいしかなくて、
歯冠が10mm などということがあります。
つまり、根の長さの2倍の歯冠の長さです。

こんな長い歯だと見た目がやたら長い歯になってしまいます。
さらに歯と歯の間にすきまができてしまいます。
また、短い歯根には強い力がかかり続けるので、
インプラントの被せ物が取れたり、
インプラントのアバットメントがゆるんだり、
インプラント自体が折れたり はずれたり と
ありとあらゆるトラブルが起きます。

従ってこのようなケースでは、ブリッジまたは義歯を勧めています。
ブリッジは確かに歯を削ったり時には歯髄を除去したりします。
しかし、ブリッジにはそれなりの実績があり、
きちんと定期メンテナンスしてゆけば、
10年、20年持っているケースはたくさんあります。

つまり、ブリッジが悪で インプラントが善では決してないのですし

歯を削りたくないなら義歯をお勧めします、色んな義歯がありますのでご相談下さい。

私たちは来院される方にとってベストな方法、次善の方法などいくつかの
プランを提示し、それぞれのメリット、デメリットを説明するよう
心がけております。
そして、患者様に選んで頂いております。

ページトップへ戻る