GBR法(骨誘導再生療法)|お花茶屋の頼れる歯医者コージ歯科

コージ歯科
0120-814-807
Web予約はこちらから

facebookライン@YouTube

インプラント

GBR法(骨誘導再生療法)

インプラントを埋め込む部位の骨の量が少ない場合に行います。
骨補填剤(骨生成剤)を使用したり、患者様自身の骨(自家骨)を採取・移植して、骨の再生を促します。

 

インプラントを埋入する前に骨の再生をする場合

gbr

 

顎の骨の吸収が激しい場合に行います。
骨の再生が必要な部位に特殊な膜を入れ、骨が再生する空間を作ります。歯肉を縫合し再生を促します。

数ヶ月期間をおき十分な骨ができでいれば、インプラント治療を行います。

症例によって、生体に吸収される保護膜と、吸収されない保護膜を使い分けます。

 

 

インプラントの埋入と同時に骨の再生をする場合

骨の量は少ないが、術前のGBR法を行うほどでもない場合、インプラント埋入と同時に骨の再生空間を作る膜を入れ、再生を促します。

 

 

 

ページトップへ戻る