東京都歯科医師会から都民のみなさまへ|お花茶屋の歯医者 コージ歯科

東京都歯科医師会から都民のみなさまへ


【7つのおねがい】

1マスクをしてください

私たちは病気をうつさないためにマスクをしています。 「他人からうつされない」と同時に「他人にうつさない」 ことを大切にしてください。 歯科医師や歯科衛生士から、治療で患者さまへ新型コロナ ウイルスをうつしたという報告は、全国で1例もありません。

2手を洗ってください

感染予防の基本は手を洗うことです。 私たちは感染対策の基本(スタンダードプリコーション)を 守り、毎日数え切れないほど手を洗います。 患者さんのお口を触る時は必ずグローブをします。 診療室の中はとても清潔に保たれています。待合室から診療室に入る時は必ず手を洗ってください。 歯科医院から出る時にも必ず手を洗ってください。

3無理をせず、家で休んでください

新型コロナウイルスは、弱った体に入り込みます。体調の悪 い時は、外出は控えてください。自分では元気だと思って も、熱がある時や咳が出る時は家で休んでください。 私たちも体調が悪い時は仕事をしません。 お互い思いやりの気持ちで「他人にうつさない」「不快な 思いをさせない」ように心がけましょう。

4うがい・歯みがきをしてください

ウイルスは、口やのどの粘膜に触れただけでは感染しませ ん。正しいうがい・歯みがきによって、感染のリスクを下 げることができます。 口の中が不衛生だと、誤嚥性肺炎・細菌性肺炎のリスクが 上がり、ウイルス性肺炎が重症化しやすいことが知られて います。介護現場等での口内環境の悪化は、特にリスクを 高めます。 命を守るためにも、口の中の衛生が大切です。

5むし歯を放っておかないでください

むし歯を放っておくと、やがて歯を失うことになります。 噛む機能が足りないと、糖質偏重の食事になりがちです。 タンパク質不足が進行し、免疫力の低下を引き起こし、ウ イルスに感染しやすい体となります。 コロナに負けない体づくりは、栄養、運動、社会参加の3 つです。未病の改善を心がけましょう。

6メインテナンスは継続してください

検診とは、むし歯の有無や歯周病の進行を調べること。 メインテナンスとは、むし歯や歯周病を進行させないために歯科医院で計画的に維持管理すること。検診とは目的・内容が違います。 メインテナンスは計画的な治療の一環です。継続していただくようお願いいたします。

7かかりつけ歯科医に相談してください

お口の中の病気はむし歯や歯周病だけではありません。 舌の病気、顎の病気、骨の病気などさまざまです。これらの 病気をいち早く発見し、治療することによって救われる命が たくさんあります。 今は歯科医師の判断で延期する治療もございますが、 治療 やメインテナンスの継続・延期は、ご自身で判断なさらずに 必ず「かかりつけ歯科医」にご相談ください。

大切な8つ目のおねがい

新型コロナウイルスに対して、患者さんを助けるために、 医療従事者はみんな頑張っています。 そんな中、風評被害で医療従事者が乗車拒否されたり、お 子さんが通園を断られたり、という事が起こっています。 感染が怖いのは医療従事者も同じ。 それでも、みんなの命を守るために闘ってくれている人々 に、感謝とエールを送れる社会でありたいです。
私たち歯科医療従事者も、都民のみなさまの健康寿命延伸 のために、頑張ってまいります。

新型コロナウイルスを「正しく恐れて」
健康で豊かな生活を取り戻そう!

「都民の皆様におかれましては、通院不安がおありでしたら、かかりつけ歯科医にご遠慮なくご申告され、ご納得された上で、少ない通院回数でまとまった治療をお受けになる、あるいは、適切な治療延期をされる等して、必要な歯科治療を滞らせることなくご自身の健康を管理し、ウイルスに負けない健康状態を保っていただきたく存じます。」

緊急事態宣言が解除され収束の兆しが見えた地域もありますが、東京都においても、徐々に通常の生活を取り戻す必要があると思います。
「新しい生活様式」を取り入れながら、歯科診療の「新しい診療様式」を考えていきたいです!