新型コロナウイルス感染症対策について|お花茶屋の歯医者 コージ歯科

新型コロナウイルス感染症対策について

型コロナウイルス感染症とは、新型コロナウイルス“SARS-CoV2”が原因とされている病気のことです。WHOは、このウイルスによる肺炎などの症状全般を“COVID-19 ”と名付けました。2019年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、短期間で世界に広まっています。

日本国内では2020年1月15日に武漢市に渡航歴のある肺炎患者からこのウイルスが検出されており、同市からの旅行者とその接触者、帰国した邦人合わせて16名の感染が確認されています(2月12日現在、チャーター便帰国者、クルーズ船内感染者を除く)。

現在のところ、“SARS-CoV2”はヒトからヒトへ感染することは分かっていますが、どのような感染経路なのか、潜伏期間はどれくらいかなど明確なことは分かっていません。しかしながら、中国国内での感染者は44,653人、死者は1,113人以上に上り(2020年2月12日現在)、中国国外でも新型コロナウイルス感染症による死者が多数出ています。なお、この死者数は2003年に中国を中心に流行した“SARS”をはるかに上回ります。

日本国内では2月1日より感染が確認された際に強制的な入院などを勧告できる“指定感染症”に定められ、国を挙げて感染拡大を防ぐ体制づくりが進められています。

また、感染予防のため“マスクの買い占め”が世界的に問題となっていますが、WHOや厚生労働省の見解によれば、感染者と密な接触をする場合を除いて、野外ではマスクによる予防効果は低いとのことで、冷静な対処が求められています。

感染経路

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

(1)飛沫感染

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。

※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

(2)接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

      

等医院対策

                       

NECAvio、鏡を見るだけで体温がチェックできる皮膚温

サーモミラー SX-01シリーズ

 NEC Avio赤外線テクノロジーは、非接触で皮膚の温度が測定ができる皮膚温度計「サーモミラー SX-01B」

 インフルエンザなどによる高熱者を発見するための、非接触型の皮膚温度計。測定者が本体の鏡部分をのぞき込むと、赤外線センサーが額の皮膚温度を測定。正常の場合は、ミラー内の皮膚温度を示す数値が緑色で示される。温度が異常な場合は、数値が赤色で表示され、電子音のアラームが鳴る仕組みとなっている。


パネル表面は完全な鏡。撮影している記者の姿も映っている 本体から離れると、現在の室温と湿度を中央のモニターで切り換えて表示する。その下の青い文字は、日付と現在時刻 パネル上部の穴。ここから額の皮膚温度を測定する

 これにより、感染者をスクリーニング(ふるい掛け)することで、健康な人との接触時間を短くし、感染者の増大を大きく軽減できるという。また、計測中に装置に触れない非接触式のため、二次感染も防止でき、さらに計測時間も約2秒と短いことから、効率的にチェックできるというメリットもあるという。

 なお、表示される皮膚温度は、35.9℃以下が正常、36℃以上が異常と判定される。額の皮膚温は環境の温度に晒されるため、一般的な体温計で計る数値よりも低く表示されるという。室温下での皮膚温度の平温は、約33℃前後とのこと。

測定方法。まず、メガネを掛けている人は外す 赤いLEDランプが点灯するので、パネルを見ながら額に合わせる。パネルと顔の距離は約30cmくらい
すると、約2秒で額の温度が表示される。額は室温の影響を受けるため、体温よりもやや低めに表示される 額の温度が36℃を超えると、数値が赤くなりアラーム音が鳴る。この場合、体温は38度を超えているという

他に一般的な赤外線体温計

 体に触らないで計るることができます

空気洗浄機、殺菌器

エピオス、http://www.poic.org/poicwater.php

 

 当院内で使用する「お水」は、皆様が治療を受けられる診療台のお水から治療に使用するうがい水、手洗い水にいたるまで全て次亜塩素酸水による“連続殺菌治療システム”EPIOS ECO SYSTEM(エピオスエコシステム)で精製される非常に高い殺菌力を持った殺菌水を使用しています。

この殺菌水(次亜塩素酸水)は、歯周病治療、院内感染の予防にも効果があります。

次亜塩素酸水は、人間の体内で、白血球が細菌を殺す過程で主に作用する成分です。つまり次亜塩素酸は、人体に元来備わっている殺菌成分ですので安全です。また、その高い殺菌力によって、 MRSA、肝炎、エイズなど、ほぼ全ての細菌やウイルスを殺菌します。

この次亜塩素酸水の生成には薬剤・薬品は一切使用しておらず、高純度の塩と超純水だけを電気分解して生成しています。

薬剤・薬品を一切使用していないことから、エコシステムで精製される殺菌水「POICウォーター」は、お子様からご年配の方まで、どなたでも安心してご利用いただけます。

     

次亜塩素酸空気清浄機 「超音波噴霧器MX-150」

次亜塩素酸の強力な殺菌・除菌能力を利用して空気を除菌する機械です。

超音波の力で次亜塩素酸水を約4~5マイクロメートルの超微粒子にして、院内に優しく効率よく噴霧します。

噴霧した霧はすぐに見えなくなってしまいますが、成分は落下せず風に乗ってお部屋の隅々まで行き渡ります。

                        

他に

 

スリッパ除菌オートラック12 プレミオ

自動で除菌済みのスリッパを提供するローリングラックシステムで、患者さんにいつでも清潔なスリッパをご使用いただけます。