レーザー治療のご案内|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

レーザー治療のご案内

最新レーザー治療のご案内

当医院では安全、快適、効率的な歯科治療を実現するためにレーザー治療を導入しております。 レーザーはNdYAGレーザー(ネオジウムヤグレーザー)と呼ばれるレーザーです。 歯周病や多くの歯科治療に使えます。
麻酔を使わずに治療ができるので、薬を飲んでいる人にも使用可能です。
傷口もほとんど残らないので、比較的早く治癒期待します。
下記にレーザー治療の主な効果効能をご案内させていただきます。

 

1、歯槽膿漏への適応

歯ぐきに膿がたまって腫れや痛みがでているようなとき、レーザー治療を することにより歯ぐきの消毒、歯ぐきからの排膿を促し、症状を改善します。

2、口内炎、口角炎の治療

口の中や唇に白いものができて、触れると痛むようなとき、 痛みの軽減、治癒の促進を図れます。

3、知覚過敏症

歯ぐきがやせるなどして、冷たいものが歯にしみるような 知覚過敏症の場合も、歯の神経を鎮静し効果的です。

4、審美歯科への応用

歯ぐきにメラニン色素が沈着し黒ずんでいるような場合、 数回のレーザー治療によりピンクの歯ぐきを得ることができます。

5、止血効果

歯を抜いたり外科処理の後、血の止まりづらいような場合の止血、 および局所の消毒を瞬時に行えます。

6、生体作用の活性化

レーザーは新陳代謝を活発にし、生体の早く治ろうとする力(自己修復能力) を強くする作用があるため、治癒の促進を期待できます。

7、痛みの軽減

急性炎症や外科処置後の痛みに対し、除痛作用を発揮し、 これを軽減することができます。

8、感染防止対策

レーザー治療は、歯や歯ぐきに触れずに行うため、 エイズや肝炎ウィルスの院内感染の心配はありません。

9、安全性

レーザーには、強い殺菌・消毒作用や傷の治りを早くする作用があるので消炎剤や抗生物質の投与を少なくできます。そのため妊娠している方や、 他科で薬の処方を受けている方でも安心して使用できます。

10、以上の他に

その他、レーザーは腫瘍や小帯の切除などの外科処理や、 入れ歯によるただれ及び顎関節症の痛みをやわらげる効果もあります。

当院では、炭酸ガスレーザーを使用して虫歯や歯周病などのさまざまな治療を行っています。レーザーというと、「怖そう」や「痛そう」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。ですが、歯茎を切開するときなどに炭酸ガスレーザーを使用することで、メスで切開するよりも比較的痛みが少なく済み、出血も少なく抑えることが可能です。

また、炭酸ガスレーザーは歯茎を活性化したり、お口の中を殺菌したりすることもできます。

その他にも、歯の表面の強化や口内炎の治療、歯の根っこを乾燥させるなど、さまざまな治療で使うことができるのが炭酸ガスレーザーの大きな特徴です。

レーザーによる歯周病治療で、お口の中を殺菌することができます

当院では、歯周病の治療にレーザーを使用しています。

歯周病が進行すると歯茎から膿(うみ)が出ることがありますので、そのような場合に歯茎の腫れている部分にレーザーを当てることで穴を開け、膿を外に出していきます。

メスで切開をして穴を開けることもできますが、その場合傷がすぐにくっついてしまうため、膿を出すことが難しくなってしまいます。それに比べてレーザーによる治療では、レーザーを当てた部分がやけどのような状態になるため穴がすぐにはふさがらず、その間に膿を外に出すことができます。

また、レーザーの方がメスよりも比較的痛みが少なくて済むというメリットもあり、血流を促進し、お口の中の細菌を殺菌する作用もあります。

虫歯治療での殺菌や歯質の強化など、レーザーにはさまざまな用途があります

レーザーはさまざまな治療に使うことができ、当院では根管治療にもレーザーを使用しています。根管治療とは、虫歯などで歯に痛みが出た場合に歯の中の神経や血管を取り除き、清掃を行う治療のことです。歯の根っこの中は乾燥しにくいですが、レーザーを使用することでしっかり乾燥させることができます。

また、お口の中に口内炎ができてしまい、思うように食事ができないといった経験をお持ち方も多いのではないでしょうか。そのような場合でも、レーザーを使用することで痛みを抑えることができ、食事がとりやすくなります。

さらに歯質を強化することができるなど、レーザーには実にさまざまな用途があります。多くの治療に取り入れることで、痛みが少なく、より患者さまの健康をサポートしていきたいと思っています。

医療用レーザーによる虫歯診断
コージ歯科医院ではレーザーを利用した虫歯診断器(ダイアグノデント)を導入しています。レーザーを歯の表面に当て、その部分が虫歯かどうかをレーザーの波長を読み取ることによって客観的に機械が数値で判断します。これは実際の診療の中で虫歯を見逃してしまったり、また虫歯でない部分を削るといったことが無くなり大変有用な機器であると言えます。