当医院の歯科用レーザーについて|お花茶屋の歯医者 コージ歯科

当医院の歯科用レーザーについて

歯医者で行うレーザー治療ってなに?

レーザー治療とは、ある「単一の波長」からなるレーザー光線を照射することによって治療的効果を出す方法です。歯科医院で使用するレーザーにはいくつか種類があり、機器によってレーザーの性質が異なるため、治療できる範囲が異なります。したがって、歯科に設置している機器によって、受けられる治療は異なります

 等医院の場合 日本における医療認可されているハードレーザー4波長全部あります、また低出力レーザーも2波長ありますので、それらを組み合わせることで、色々な治療が痛み等少なめに個人差がありますが、ほぼ無痛治療できます、レーザーによってはファイバー、チップの消耗がりますので、治療により自費治療になることもあります!

レーザー治療のメリット

  • 出血を抑えることが可能
    歯茎や粘膜の治療で行われる歯茎の切開では、出血がほとんど抑えられるため、治療部位がしっかりと確認でき、正確な治療が期待できます。また、レーザー照射したことにより、術後の出血のリスクを低くすることができます。
  • 歯茎に炎症を起こしている場合には、炎症を起こしている組織を高温で蒸発させて取り除いたり、緩和させることができるため、腫れや痛みを和らげることも可能です。
  • 不快感や痛みから開放
    虫歯治療に適したレーザーでは、従来の治療で使用する機器とは違って歯を削るときの振動や削る音が無いため、少量の麻酔を使用するか、麻酔を使用せずに治療することができます。したがって、不快感を感じることなく、痛みの少ない治療を受けることができます。

      ■Nd:YAG(ネオジムヤグ)レーザー
    Nd:YAGレーザー

    • Er.Cr:YSGG エルビウム.クロミウム:ワイエスジージー 
    • No Fiber Straight Er:YAG ノーファイバーストレート エルビウム:ヤグ

    は、止血効果が特に優れており、外科手術に有効で、医療全般で広く使用されています。

    • 【主な治療内容】
      外科手術(顎の骨や歯茎や粘膜を切る、または止血させる)、虫歯の予防、歯周病や口内炎の消炎治療、根管治療、メラニン色素沈着の除去、傷口の消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和など
    • 【期待できる効果】
      虫歯の蒸散、歯質の強化、炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、出血の減少、組織の活性化など

      ■Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザー
    Er:YAGレーザーは、レーザー光を水で冷却しながら使用するため、熱の発生が抑えられることで、痛みが少なく済むので、虫歯を削ることや、顎の骨を削る治療に特に優れているとされています。

    • 【主な治療内容】
      外科手術(顎の骨や歯茎や粘膜を切る、または止血させる)、虫歯の治療と予防、歯石の除去、歯周病や口内炎の消炎治療、根管治療、メラニン色素沈着の除去、傷口の消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和など
    • 【期待できる効果】
      虫歯の蒸散と切削、炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、出血の減少、組織の活性化
    • 硬組織用

      硬組織用レーザーは歯や骨を治療するためのレーザーということである。硬組織を削るなどの歯科治療で、現在一般的に使われているのは以下の種類のレーザーである。

      • Er:YAG エルビウム:ヤグ

      あたらしいノーファイバーレーザーの登場は、それまでのレーザー分類が発振体元素名やそれに付随する波長分類だけだったのに対して、導光システムの改善によって元素名が同じでも特徴が大きく変わるため、あらたにウィズファイバーとノーファイバーの枝分かれを考慮しなければならなくなったと言えよう。 以下の説明は、旧分類をもとにしている。

      これ以外(上記以外)のレーザー(炭酸ガス、Nd:YAG、半導体レーザーなど)は、硬組織用としては不向きである。 硬組織用レーザーとしての必要な特性とは、単に切削や蒸散機能だけではなく、そのレーザーが人体の硬組織に対して熱などによる侵害作用がなく、有意性が認められることである。 たとえば、炭酸ガスレーザーを虫歯に照射すると急激な高熱によって部分的に虫歯は蒸発するが、レーザーの熱が残りやすく、エナメル層の溶岩化(ガラス化)とともに熱変質がなかった自然歯質との間には急激な温度変化による亀裂が入りやすく、健全な硬組織へダメージを与える可能性が捨てきれない。これは、Nd:YAGや半導体レーザーでも同じである。では、なぜ、Er:YAGやノーファイバーEr:YAG, Er.Cr;YSGGレーザーが適切なのかというと、これらのレーザーの特性が水分子に非常によく吸収されることと、その吸収のされかたがほかのレーザーにはない特徴があるからである。つまり、Er:YAGおよび、ノーファイバーEr:YAG、Er.Cr.YSGGレーザーは、ほかのレーザーに比べて水分子へのエネルギー吸収が高いため、生体組織に当てたときに生体(人体はおおよそ70%が水分)の中にある水分の表層にだけ反応して熱が生体内部に残存しにくいからである。歯や骨でも同じことが言える。ただ、この2種類のレーザーも、メーカーの特性がそれぞれ異なり(レーザーのメーカーによって発振形態や構造の違いからレーザーの性格が変わるため)、組織内部の水分を熱爆発させながら連続的に穴を開けて切削するものと、逆に組織の外から水を注水して、その水を外部的に連続爆発させて硬組織を削っていくものとがある。 ただし、エナメル層においては水分含有率がわずか5%前後と言われており、上記のEr兄弟がすべて同じ効果を発揮するものでもないことを注意するべきである。

    • ■炭酸ガスレーザー
      炭酸ガスレーザーは、歯茎や粘膜を切ることや、止血に優れており、日本の歯科医院で最も多く普及しているタイプです。
      • 【主な治療内容】
        虫歯の予防、外科手術(歯茎や粘膜の切開、止血)、歯周病や口内炎の消炎治療、根管治療、メラニン色素沈着の除去、傷口の消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和など
      • 【期待できる効果】
        虫歯の蒸散(高温で蒸発させて消失させる)、炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、出血の減少、組織の活性化など

      ■半導体レーザー
      半導体レーザー(ダイオードレーザーとも言う)は、低出力タイプと高出力タイプの2種類があります。主に粘膜や歯茎の腫れや、炎症、痛みなどの緩和を目的とした治療で使用されます。種類によっては、虫歯の探査・診断ができる機器もあります。

      低出力タイプ

      • 【主な治療内容】
        傷口の消毒、口内炎の消炎治療、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和など(機種によっては、虫歯の探査・診断)
      • 【期待できる効果】
        炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、組織の活性化など(機種によっては、虫歯の早期発見)

      高出力タイプ

      • 【主な治療内容】
        外科手術(歯茎や粘膜の切開、止血)、歯周病や口内炎の消炎治療、根管治療(歯の根の治療)、メラニン色素沈着(歯茎の黒ずみ)の除去、傷口の消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和など
      • 【期待できる効果】
        炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、出血の減少、組織の活性化など(機種によっては、虫歯の早期発見)

      ■HeNe(ヘリウムネオン)レーザー
      HeNeレーザーは、主に粘膜や歯茎の腫れや、炎症、痛みなどの緩和を目的とした治療で使用されます。

      • 【主な治療内容】
        傷口の消毒、口内炎の消炎治療、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和など
      • 【期待できる効果】
        炎症を抑える、痛みの軽減、傷口の殺菌や治癒の促進、組織の活性化など