1月22日 水曜日 葛飾区歯科医師会学術講習会|お花茶屋の歯医者 コージ歯科

1月22日 水曜日 葛飾区歯科医師会学術講習会
  • HOME
  • ブログ
  • 1月22日 水曜日 葛飾区歯科医師会学術講習会

 1月22日 水曜日 葛飾区歯科医師会学術講習会に診療後行って来ました!

演題は シンプルな充填で行う自然感のある前歯部ダイレクトボンディングで台東区開業の大谷一紀先生でした。

【抄録】
現代のコンポジットレジン修復(以下、CR修復)には2つの役割があると考える。まずは、MIの概念
に則ったカリオロジ聰‐的側面における役割があげられる。FDIが提唱する轟Iの概念の要旨は、①う像に対
する再石灰化、②う触病原性細書の管理・予防、0歯質保存的な接着修復の優先である。そのなかで、CR
修復は0における不可逆的なう触に対する第一の処置であり、これによつて(11健全歯質の可及的な保存が
可能であり、12)歯髄への刺激を軽減できることなどから、結果として「歯の延命」が可時
になると考えて
いる。
次|こ.審美・機能性回復の役割がある。コンポジットレジンの性能が進化した現在では、CR修複であっ
ても複数のシェードを積層し、明度をコントロールすることで高い審美性の回復を図ることが可能となつ
ており、保険診療だけでなく自費診療で行うこともある.
本講演では、充填テクニックを中心に、自然感仰あるダイレクトボンディングを成功させるための臨床
術式および自費診療で行うダイレクトボンディングの導入|こついてお話したい。
【略歴】
1997年 日本大学歯学部事業
1997年 日本大学歯学部補練学教室第Ⅲ講座
2012年 大谷歯科クリニック院長
歯学博士
日本補線歯科学会専門医
醤本顎咬合学会認定握
日本歯科理工学会会員海外ではレジン充填保険外でセラミック修復と同等だそうです。

歯を削らない場合は保険対象外で一箇所のつき26、000円から39,000円だそうです。