世界の口腔衛生市場:2027年までに589億米ドル規模到達見込み問われる日本|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

世界の口腔衛生市場:2027年までに589億米ドル規模到達見込み問われる日本
  • HOME
  • ブログ
  • 世界の口腔衛生市場:2027年までに589億米ドル規模到達見込み問われる日本

株式会社グローバルインフォメーション

 418日、プレス発表をして、「口腔衛生市場、2027年までに589億米ドル規模到達見込み」とした。市場調査レポート「口腔衛生の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2022年~2027年)」(IMARC Services Private Limited=販売は市場調査レポート「口腔衛生の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2022年~2027年)」(IMARC Services Private Limited)=販売は415日より)によるもの。

株市場の概要については、「世界の口腔衛生市場は、2021年に469億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.8%のCAGRで成長し、2027年までに589億米ドル規模に達すると予測されています」としている。
 また、口腔衛生については次の通り説明している。「病気やその他の口腔内の問題がない、清潔で健康な口内衛生状態を維持するための習慣のことを指します。虫歯、歯肉炎、歯周炎などの歯の問題を予防するために、すべての人が定期的に口腔衛生を実践することが非常に重要です。口腔衛生には、デンタルフロス、口臭予防、歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュなどの製品を使った個人的なデンタルケアの習慣が含まれます。これに加えて、口腔衛生には、虫歯の治療、フッ素治療、シーラントの塗布、硬くなった歯垢のスケーリングなど、歯科医が提供するサービスも含まれます」。
 市場の動向と時代背景は以下のように分析している。「消費者のライフスタイルの変化や食生活の変化に伴い、砂糖やその他の粘着性化合物を多く含む加工食品の消費が著しく増加しています。砂糖は歯垢と結合してエナメル質を弱め、それによって歯が虫歯になりやすくなります。その結果、虫歯と歯周病の有病率が上昇し、市場の成長を大きく促進しています。また、適切な口腔衛生を維持することに対する消費者の意識が高まっていることも、市場の成長を促す要因となっています。さらに、消費者の可処分所得および歯科医療費の増加など、いくつかの要因が重なり、高級オーラルケア製品の需要が拡大傾向にあります。その結果、電動・電池式歯ブラシや歯を白くする効果のある歯磨き粉など、技術的に高度で革新的な製品が世界中で広く人気を集めています。その他、急速な都市化やオーガニック・ナチュラル系の口腔衛生用品に対する需要の高まりなどが、市場をさらに活性化させると予測されています」。
 製品別の市場区分は、歯磨き粉、歯ブラシ・アクセサリー、洗口液/含嗽液、デンタルアクセサリー・アンシラリー、義歯関連製品、歯科補綴物洗浄液、その他。また、流通チャネル別の市場区分は、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、薬局、オンラインストア、その他。市場調査による展望からすれば止むを得ないが、各国により医療制度、歯科医療環境などの違いがあるのも事実で、皆保険制度が浸透している日本の独自性は否定できないが、健康意識の向上は間違いないのが最近の傾向である。また、フロリデーションが実施されている地域・国民との口腔健康意識も相違はありそうだが、特に日本の歯科は様々な課題あるが、公衆衛生への希薄、歯科衛生士の存在、歯学教育も問われてきそうだ。まさに、同時に歯科リテラシー”が問われてくるとの指摘もある。世界の潮流を理解しながら今後を見据える必要はありそうだ。

 会社概要=1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。創立=1995年、所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F、事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、市場調査レポート/年間契約型情報サービス。