私はどの医者より歯医者が怖い。あの、キーーーーーンという音|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

私はどの医者より歯医者が怖い。あの、キーーーーーンという音
  • HOME
  • ブログ
  • 私はどの医者より歯医者が怖い。あの、キーーーーーンという音

「どの医者より歯医者が怖い」阿川佐和子さんのエッセイから2、 阿川佐和子さんが『婦人公論』で好評連載中のエッセイ「見上げれば三日月」より「歯より始めよ」

 葛飾区お花茶屋のコージ歯科の貝塚浩二です、昔に比べれば、今はかなり好くなってきていますよ、歯医者どくとくなきーーーんの音はエーアタービンといって歯を削るときに使用します、もちろん今も使用しています、バーという小さなドリルみたいのはエアーで高回転で回して削ります、当医院の場合も使用することがありますが、モーターで回転させるのを使用することが多いです、モータ音なんできーーーんの音はないです、他にレーザーで虫歯を蒸散して治療することまありますが、虫歯の大きさによっては使用できないこともありますし、かなり時間がかかることが多いです、どれにしても、水、エアー等で冷やしながら使用することが多いです、水は排出官で昔は、吸っていましたが、今はバーキュムという小型の掃除機ですいます、苦手の人が多いです。今はリクライニングシート(歯科治療ユニット)昔は手動で座って治療でしたので歯科医の立って治療していました、この続きは2で御願いします。

続きです、今は歯科の麻酔も手動から電動になり一定の圧で注射していますし、手動に比べると針もかなり細くなっています、針が細いほど痛くはないです、ただ少し時間がかかります、打つ前に表面麻酔しています、歯の形取るのもガムみたいのでとりますが、のど奥にはいると苦しいですね、4年以上前から、カメラみたいので歯の動画?というか写真とって歯を再現して、セラミックの歯を作成しています、ただ現状は保険適応ではありませんので、今は保険の場合は歯の模型を作ってスキャン(写真をとるようなこと)しています。スキャナといって当医院には今2台ありますが、近いうちに最新型を導入します(オーラルスキャナMEDIT i700)、これにより口腔内全体のスキャンができるようになり、簡単な矯正のシュミレイションやCTの画像とで3Dマッチング、デジタルコンサルテーション、いっそうより正確なインプラントのシュミレイション、サージカルガイド、より高度の技工、及びコピーデンチャなどが、3Dプリンター活用で広がります。今2台のCAD/CAMのマシンがありますが、技工用ではないというか臨床用なんで、1つの歯しか削ることが出来ません、本数が少なければと材料の焼成(保険外)がなければ、なのもなければ次の日にセツトすることも可能です、当然のはなすで当日も可能ですが今の所保険では認められていませんし、保険治療って疾病がないと、本来はできないですよ!銀歯がやだからセラミックへ(保険のハイブリットセラミックです、プラスッツクのまざりものです)は駄目なんですよ、あまり気にはしていまえんが、大体は銀歯のしたには虫歯がひそんでいますので、詰めている銀歯のまわりが黒く見えていたら二次カリエスがありますので、場合によってははずすことのより神経をとる(抜髄)になることもあります、保険のセラミックインレーですが適用かいままでの白い歯の保険適応と一緒です、今度詳しくプログに書きます。CAD/CAMマシンでブリッジも作成できますが保険対応はないです、それと焼成がかかわってきますので削りだすブロックの大きさに制限があります詳しくは院長まで御願いします。金属を使わないブリッジ保険対応部位によってはあるにはありますが、残念ながら対応している技工所さんが近くにはないのが現状だし、強度の問題、歯をかなり削らないと出来ないし無隋歯(神経のない歯)ならよいのですが、考えてしまいます、この材料購入して試した見たのですが、あまりお勧めできない感じですし仲間でやっている話きいていないです。それと保険診療って届出をださないと出来ない事もありますので、どこの保険取り扱いの歯科医院でも、出来るとは限りません、CAD/CAM、マイクロスコープ、レーザー治療、レントゲン等などです。訪問診療もそうです。

 レーザー治療の痛みの少ない治療です、レーザーって歯科用って4波長あります、たしかに1波長1台あれば大体はこなせるかもしれませんが、やはり得て不得手がりますし殆どが保険適応外が多いです。

当医院は4波長全部そろっています、Nd-ヤグレーザー2台、炭酸ガスれーザー2台、Er-ヤグレーザー1台、ダイオードレーザー1台、これらがハードレーザーです、あとはローパワーレーザー(ソフト)2台に虫歯を計るレーザーが1台あります、これだけのレーザーそろっている歯科医院、業者さんに言わせればないそうです、夢ですがあとりそうとしては4台欲しいですね!当然歯科医院の稼ぎでは購入できないです、いまでさえ厳しいっ現状です、乗ってる車、平成13年式のリバティ近頃故障だらけなんでね! それと保険診療に関しては保険上断わることが出来ないですが、自費診療に関しては断わるの問題ないですので宜しく御願いします。

他に痛みを抑える治療といえば笑気麻酔とかありますが勤務医時代にはありましがいちども使用したことがないので導入していません、あとは飲む麻酔、静脈内鎮静法、全身麻酔などもありますが当医院では、するとなると歯科麻酔医呼ぶことになりまっすので、そのような場合は大学病院等に紹介しています、葛飾区ないでも行っている所あります。

歯の抜歯後の抜いたところに、採血して分離させることのよって作られてCGFをいれることによって痛みが少なく、抜いた所が気にならないで、早く治癒させることができますが、あまり採血がとくいでないので、看護婦さんを呼んでおねがいしています、とくに骨がないインプラントのときにしていますが、親知らずの抜歯とうにもかなり良いです、ただ保険適応外です。

 こんど今あるマイクロスコープかなり古くつかいがってがわるいので、近いうちにヨシダのネクストビジョンを導入します、覗くから見るに代ります!根の治療の場合はレントゲンのCTを撮影しないと、ならなくなりますので。今までの全体のレントゲンに加えて3Dでみられるレントゲンを撮ることもよって歯の根は、ほぼ100%まがっているので確実にロータリーファイル(根の治療に使うぎざぎざした針)等の使用により時間の短縮がおかなえるようになります、ので宜しく御願いします。