電子タバコの口腔内の影響|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

電子タバコの口腔内の影響

 葛飾区お花茶屋のコージ歯科 貝塚浩二です、電子タバコの口腔内環境への影響あるんですね!

米国ニューヨーク大学の研究チームが、国際学術誌 mBio において発表した論文によると、電子タバコ喫煙者は固有の口腔内細菌叢を有しているという。電子タバコ喫煙者の口腔内細菌叢は、紙巻タバコ喫煙者よりは健康的であるが、非喫煙者よりは健康的でない可能性があり、時間とともに歯周病を悪化させる可能性があるという。本研究は、ニューヨーク大学歯学部分子病理学のDeepak Saxena 教授とXin Li 教授らによって行われた。紙巻タバコの口腔内環境への影響については長年研究されてきており、その弊害は広く知られている。一方で、電子タバコの口腔内環境への影響については、電子タバコ自体が比較的新しい嗜好品であるため、その長期的影響についてはまだ十分な研究が行われているとは言い難い。
本研究は、84名の成人を被験者とし、紙巻タバコ喫煙者群、電子タバコ喫煙者群、一度も喫煙したことがない非喫煙者群に分けて行われた。6ヶ月の間隔をあけて、アタッチメントロスを主な指標とする歯周組織検査とプラークサンプル採取が行われた。

歯周組織検査の結果の分析により、

 ・1回目の検査では、歯周病の重症度は、紙巻タバコ喫煙者群>電子タバコ喫煙者群>非喫煙者群であった

 ・2回目の検査では、すべての群において、歯周病が重症化している被験者が存在した
などが判明した。なお、本研究チームは別の論文において、1回目と2回目の検査結果を比較したところ、電子タバコ喫煙者群のみにおいて、アタッチメントロスが明確に悪化したことを報告している。

さらに、プラークサンプルを用いた口腔内細菌叢の分析により、
 ・それぞれの群が、固有の口腔内細菌叢を有している

 ・電子タバコ喫煙者群は、紙巻タバコ喫煙者群とも非喫煙者群とも異なる口腔内細菌叢を有している

 ・すべての群において約1/5の細菌が共通していたが、電子タバコ喫煙者群の口腔内細菌叢は、非喫煙者群より紙巻タバコ喫煙者群のものに明確に近かった。具体的には、SelenomonasLeptotrichiaSaccharibacteriaが、紙巻タバコ喫煙者群と電子タバコ喫煙者群に共通して多く観察された

 ・電子タバコ喫煙者群において、歯周病に関連することが知られている FusobacteriumBacteroidales などの細菌が特に多く観察された

などが判明した。

Deepak Saxena 教授とXin Li 教授は、これは電子タバコが、どのように口腔内環境に影響を与えているかを調べた最初の縦断研究です。電子タバコの喫煙は、固有の口腔内細菌叢の成長を促進し、紙巻タバコの喫煙者にも見られるいくつかの細菌の成長にも影響を与えています。そして、電子タバコ喫煙者固有の口腔内細菌叢は、口腔内環境にリスクを及ぼすものです。などと述べている。また、電子タバコ喫煙者群に見られる歯周病の臨床指標に関連するいくつかの細菌は、宿主の免疫反応を変化させるものであることが判明したという。具体的には、電子タバコの喫煙は、異なるレベルの免疫調整因子であるサイトキシンの多寡と関連しているという。特定のサイトキシンは、口腔内細菌叢のバランスを崩すことに寄与し、宿主に炎症や感染を引き起こす傾向を持つため、歯周病を悪化させ得るという。

電子タバコ喫煙者群において、

・炎症を引き起こすサイトキシンの1つである TNAα が非常に高い値を示す

IL-4 IL-1β は低い値を示す。IL-4 は、歯周病患者において減少する傾向にあり、治療をすると増加する傾向にある

などが判明した。これにより、電子タバコの喫煙により免疫が低下する可能性が示されたという。

 本研究チームは、「電子タバコ喫煙者群に固有の口腔内細菌叢は、宿主の免疫反応を変化させている。そのことは歯周病の臨床指標とも一致しており、電子タバコが口腔内環境にとってリスクになる機序を示している。」と結論づけている。