2月27日 日曜日 新小岩の鈴木先生のイサオアライナーセミナーに参加して来ました!|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

2月27日 日曜日 新小岩の鈴木先生のイサオアライナーセミナーに参加して来ました!
  • HOME
  • ブログ
  • 2月27日 日曜日 新小岩の鈴木先生のイサオアライナーセミナーに参加して来ました!

 久々というかリアルセミナー今年初ですし、実習でした!イサオアライナーマウスピース矯正ですが、他と違うのが、自分達で装置作成して装着します。いまさらなんですがアナログです。今回で3回目になります。今回は鈴木先生が特許をとった3D?何とかです。

アップライトとは、斜めに傾いている歯を真っ直ぐに起こす治療のことで、整直とも言います。
歯がなくなってしまった所や大きなかぶせ物が外れた状態をそのままにしておくと、当然その部分に大きな隙間が生じてしまいます。歯は口の中で常に動いていて、噛み合わせる相手や隣の歯がなくなると、その隙間に向かって移動してしまいます。
隣の歯がない状態が続くと、その隙間に向かって歯が倒れていってしまうのです。これを歯の傾斜といいますが、これが進行するまで放っておくと、いざその隙間に歯を入れようと思ったときに、隙間が狭くなっていて歯が入れられないという状況になってしまいます。
そのような場合に、部分矯正によって傾斜した歯を起こし、歯を入れるだけのスペースを確保する治療方法がアップライトです。このような場合以外にも、もともと歯並びが悪く傾いていた歯を矯正治療によって起こすこともアップライトと言います。この絵はワイヤー矯正ですが、今回はマウスピースで行います、

最初の模型と装置です、起こすのに大体3か月ぐらいかかります、日数は1日装着時間に関係してきます、大変なのは、歯にゴムをかけてマウスピースの穴から出したのをマウスピースのかけます。マウスピースは最初に作ったのを最後まで使用します、ゴムは毎日変えます。費用は55,000円です。

もうひとつは4,5番抜歯ケースです、マウスピースを利用して歯を前後に動かします!

 

 

ワイヤー矯正の副作用とリスク

https://icashica.com/wp/shica/10960

 

マウスピース矯正の副作用とリスク

マウスピース矯正の副作用とリスク