保険の銀歯スキですか?|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

保険の銀歯スキですか?

『保険の銀歯にしますか?それとも自費の歯を検討されますか?』
という会話が過去数十年に亘り日本の歯医者さんで繰り返されています。
『普通のでお願いします。』
と答えられますと、もれなく以下の記事にありますパラジウム合金(今パラジュウム合金高いので銀合金使用しています、保険点数も半分以下なんで患者さんの負担はすくないですけど)という銀歯がお口の中に入れられることになります。
体の健康の入り口であるお口の中に、この毒性が疑われるものを『普通』に入れなくてはいけないというのが、残念ながら今の日本の歯科保険医療の世界です。
誰がいつこの『普通』を決めて今に至るのでしょうか?
ご自身や大切なご家族、ご友人達のために、そろそろこの『普通』が『偏見』かもしれないと気付く時が来ているように思います。
日本が誇る保険医療制度は素晴らしい一面をもつと同時に、その『常識:普通』が私たち医療者の『非常識』となる部分を多く併せ持つシステムであり、その中で私たちは真実を知らずに生かされているとも言えます。ただ今はこれ少し古いので単冠なら前歯部もメタルフリーで出来ます。ブリッジ歯がないところを隣の歯を削ってつなげる装置は表だけ、少し固いプラスチックの歯をつけて、裏側は金属です、金軸アレルギー(皮膚科の診断書が必要)の場合一番奥の歯が4本あれば、単冠ならすべちぇに歯に硬いプラスチックのブロックを削りだした歯(CAD/CAM冠)なら可能です。すべての歯科医院で出来ません、届出が必要です。銀歯の問題は毒性だけでなく2時カリエスの問題もあります。 銀歯はセメントでとめていますので、どうしても何年かすると、一部がとけてそこから虫歯になることが多いです、これにかんしては保険の硬いプラスチックのブロックを削りだした歯(CAD/CAM冠)も材料がヒズムので同じことが言えます!何年かすれば、中で虫歯になって、根の治療してまた被せるようになりますが、何回のできるもんではないです。
( 東北大学と札幌医科大学の研究グループは、歯科治療に用いられるパラジウムによる金属アレルギー誘導機構を明らかにした。
 金銀パラジウム合金は保険診療での歯科金属材料として、銀歯の治療など歯科治療で広く用いられている一方で、パラジウムが金属アレルギーを引き起こす一因となることが問題となっている。酸性の食物や口内に残った食べ物の分解、口腔細菌の代謝産物によって溶け出したパラジウムが、抗原提示に何らかの影響を与え、T細胞を活性化させると金属アレルギーを発症すると考えられているが、金属によるT細胞活性化のしくみは不明だった。
 本研究では、抗原提示細胞のひとつである樹状細胞株にパラジウム溶液を添加すると、免疫反応を引き起こすMHC(主要組織適合性遺伝子複合体)クラスIが一時的に細胞内に取り込まれ、その後、細胞表面に再出現することを見出した。このとき、細胞内在化に伴い、MHCクラスI上に提示される抗原ペプチドが置き換わり、アレルギー抗原となることがわかったという。抗原ペプチド置換により発現したアレルギー抗原は、T細胞の活性化を誘導し、パラジウムアレルギーの発症につながるとみられる。
 この発見から、パラジウムが引き起こすMHCクラスIの内在化を阻害すると、T細胞の活性化を抑制できることもわかった。抗原ペプチドの置換を防ぐこと、アレルギーの原因となる抗原ペプチドを特定することなども、歯科金属アレルギーの新しい予防・治療法の開発につながることが期待される。 
/ 大学ジャーナル2022.1.7
論文情報:【Frontiers in Immunology】Palladium-induced temporal internalization of MHC Class I contributes to T cell-mediated antigenicity  )

#コージ歯科 #東京歯医者 #歯科 #歯科医師 #歯科助手 #歯科衛生士 #歯ブラシ #プラーク #歯間ブラシ #フロス #フロアフロス #THC #歯みがき #歯のクリーニング #歯科治療 #ティースジュエリー #舌のクリーニング #歯周病 #歯周病予防 #歯周病ケア #葛飾区 #お花茶屋 #レーザー #ドッグセメント #インプラント #無痛 #CT #マウスピース #TOKYO #義歯

<a href=”https://trend-research.jp/whiteningnote/ohanajaya/” target=”_blank” rel=”noopener”>ホワイトニングノート</a>でコージ歯科が紹介されました!