歯科が舞台の小説:シンデレラ・ティース|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

歯科が舞台の小説:シンデレラ・ティース
  • HOME
  • ブログ
  • 歯科が舞台の小説:シンデレラ・ティース

歯科が舞台の小説:歯科診療への理解&注目の歯科医師・衛生士・技工士の言動

 大学2年の夏、サキは母親の計略に引っかかり、大っ嫌いな歯医者で受付のアルバイトをすることになってしまう。個性豊かで、患者に対し優しく接するクリニックのスタッフに次第にとけ込んでいくサキだったが、クリニックに持ち込まれるのは、虫歯だけではなく、患者さんの心に隠された大事な秘密もあって……。サキの忘れられない夏が始まった!

 

国民が抱いている歯科医院のイメージは、まだ“恐怖”があることは否定できないようである。歯科恐怖症(デンタルフォビア)としての疾病は、業界では、その対応も専門的に実施されている。一方で、恐怖症まで行かずとも嫌悪して通院に慎重になっている人は多いと見られている。新刊ではないが、恐怖症である叶咲子(カノウ サキ)が主人公の小説「シンデレラ・ティース」(光文社)の内容が気になり一読。歯科関係者なら、日常の臨床を再現しているようで興味をそそる。評価は読者に任せるので、読後感の要旨を記しておく。著者の坂木司氏は歯科医師と思ったが違いミステリ作家。全国的な知名度はないが、知る人ぞ知る作家のようである。その特徴は、日常を扱う名手とされ、ミステリ=殺人と違いう。何気ない日々の生活から舞台を作り、殺人はないようだ。雑誌・週刊誌の企画に歯科医師がコメントを述べたり、一定のスペースに主張を論じるケースは多々みられる。しかし、今回は小説にして、歯科医院(小説で名称:は品川デンタルクリニック)が舞台になっている。専門的な学術的用語は回避し、診療を通しての患者と会話をストーリーの基軸にして、歯科衛生士・歯科技工士などの秘めた心理・葛藤など、現実の歯科なら出てくる発言がある。諸事情から、恐怖症の叶氏がアルバイトだが、歯科医院の受付をする羽目になり、その立場での精神葛藤も看過できない。内容に一歩踏み込んだ歯科が見えてくる。

ここからの会話から、患者の本音についての推測、患者・歯科医の駆け引き、サポートする衛生士・技工士のコメントが直ぐに伝わる表現が頻繁に聞かれてくる。読者からは、頷きながら、時には驚いたり落胆したり、歯科医院での会話が面白く飛び交う。

“口臭”“審美”“歯ぎしりなどの症例に対する議論も出てくる。診療の対応への苦労と同時に、スタッフは有資格者であるが、患者は千差万別。その患者に賢く対応していく院長ほかスタッフの心情・本音も吐露させている。さらに人間同士のミステリーを巻き起こす展開もある。まさに歯科医院での出来事を、一つ一つ解決していくことも痛快でもある。中でも、技工士の存在が印象的に描写されている。技術は一流だが、無愛想な職人肌の技工士のイメージを隠さず表現しているが、その技工士の一言で新たな解決の展開になるのも意外で面白い。社会からの歯科医院・歯科医師のイメージから違う面を見せていることは、距離を置いて見ると、良い意味でイメージの変化・理解をもたらす期待も出てきそうだ。

小説としてミステリストーリーの展開であるが、言外に歯科の問題を提示して、読者に理解を求めているようでもあった。地域社会でも、歯科医院の中は特別な世界と映っているが、患者とすれば求める治療を淡々と済ませることで、歯科医院を退出していく。このような視点での小説はもとより文章は稀である。かつての歯科医院が舞台・歯科医が主人公のテレビ番組などは、恋愛ストーリーがメインであったが、これも想像外で新鮮であったのも事実。

なお、最後に今回の小説の作成に、歯科医師として縁があった坂木氏が協力の意として助言や歯科界の現状を説明をしていたのが高橋渉氏(ヤシマ歯科医院院長)。“解説にかこつけて感謝”として文章を付加している。「歯科医療の現場にスポットを当てて、このように素晴らしい物語を生み出して下さった坂木氏に改めて感謝を述べたい。多くの悩める患者さんがこの本を手に取り、悩みの解決の一助になることを願う」と述べている。

歯科恐怖症(デンタルフォビア)の患者さん、たまにきます、殆どの人が女性です診療所の前をなんども行ってりして、中々入ってこないことが多いですし、あとはご主人と一緒とかです。まずは口を開けることから始めます、過去の歯科治療で、怖い思いや、嫌な思いをした事で、歯科治療がなんとなく怖くなってしまっている、いわゆる歯科恐怖症と呼ばれる方は案外多いものです。歯科恐怖症の方は、虫歯になっても歯科医院への受診をためらってしまうため、簡単には受診ができず、痛み止めを飲んでやり過ごす方も多々いらっしゃいます。ところが虫歯は自然には治りませんので、だんだん虫歯が進んでしまい、気がついたら、食べ物が噛めないほどひどい虫歯になってしまって、食事はほぼ丸のみが習慣になってしまっている方もいると思います。しかし、昔は歯科治療は痛い、怖いが当たり前でしたが、近年では様々な技術革新が進み、歯を削らない虫歯治療や痛くない治療なども多くあります。また、どうしても歯科治療が怖くて、治療が受けられない方のために、特別な麻酔方法で、気持ちをリラックスさせて、あたかも治療をしていないような気分で、歯科治療を受ける事も可能になっています。(静脈内鎮静法、笑気麻酔、鎮静薬の事前投与等)ただ、1回で治るとかならよいですが、そうでない場合は、やはりまずは痛みをとることからです、これには外科処置や歯を削るなどしないでおこないます。そのあとに歯ブラシ指導、簡単な歯石除去などを行いまずは歯科治療になれることから始めていきます。

原因は、科恐怖症の原因はいろいろありますが、一番多いのは幼少期の歯科治療の怖い経験です。かつての日本の歯科医院では、子供の人数が多かった事、そして虫歯の数が多かった事もあり、一人一人にあまり時間をかけられず、騒ぐ子供は押さえつけて、半ば強制的に虫歯治療をする事が日常的に行われていました。また、子供の時に麻酔があまり効いていない状態で、『我慢して!』と言われながら、痛い思いをしながら虫歯を治療された経験を持っている方も多くいます。そして、そういった経験が記憶に残り、歯科恐怖症になってしまっている方がとても多いのが現状なのです。更に、大人になっても、やはり麻酔がうまく効かないまま、痛いのを我慢しながら治療された経験で、歯科恐怖症になってしまった方も少なくありません。ただ、大人になってから歯科恐怖症になっている方は、治療そのものではなく、歯科医師からの心無い言葉や罵声など、精神的な面で歯科恐怖症になってしまっている方も多いのです。つまり、怖くて歯科医院へ受診できなくなり、虫歯を放置してひどい状態にしてしまった責任は、患者さん自身だけではなく、歯科医師側の責任も大きいと言えるわけです。歯科恐怖症の方にも対応できる怖くない痛くない治療法には、治療の内容とその目的によって様々な種類があります。また、歯科恐怖症は、ほとんど精神的な要因が主原因ですので、一度、怖くない痛くない治療を受けてみて、歯科治療が怖くないと感じる事ができれば、その後は普通に歯科医院に受診できるようになる方も少なくありません。まずは相談して下さいしなるべくは予約してから来院御願いします。当医院は歯を削る機械(エアータービン)の歌が聞くことがすくないですが、まったくではないので、宜しく御願いします!  葛飾区お花茶屋コージ歯科 貝塚 浩二

#コージ歯科 #東京歯医者 #歯科 #歯科医師 #歯科助手 #歯科衛生士 #歯ブラシ #プラーク #歯間ブラシ #フロス #フロアフロス #THC #歯みがき #歯のクリーニング #歯科治療 #ティースジュエリー #舌のクリーニング #歯周病 #歯周病予防 #歯周病ケア #葛飾区 #お花茶屋 #レーザー #ドッグセメント #インプラント #無痛 #CT #マウスピース #TOKYO #義歯

<a href=”https://trend-research.jp/whiteningnote/ohanajaya/” target=”_blank” rel=”noopener”>ホワイトニングノート</a>でコージ歯科が紹介されました!