歯科医師によるワクチン接種9|お花茶屋の歯科・インプラント|コージ歯科

歯科医師によるワクチン接種9

 ワクチン接種 自分も8月14日土曜日に葛飾区奥戸スポーツセンターに行ってきました!

日本歯科医師会は、歯科医師による新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、20215月から7月末までに34都道府県、151会場で、延べ12,727人の歯科医師が、累計721,471人の接種を行ったことを81日、次のようなプレスリリースがされた。 

行政や医師会から要請があればワクチン接種に全面に協力することを明らかにしてきた日本歯科医師会。2021426日に厚労省から発出された「新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のための筋肉内注射の歯科医師による実施について」を受け、都道府県歯科医師会に協力を要請したところ、地域の歯科医師会等からは「決意を持って協力するなど多くの力強い声が寄せられ、518日に堀憲郎会長から、菅総理大臣に、歯科界の決意を直接伝えました。

 また、日本歯科医師会が518日より、運用を開始したワクチン接種に係る教育研修では、現在、1万9千人を超える歯科医師が修了しており、要請に備えて待機している状況。なお、別に実技研修も受けている。ワクチン接種に協力した5月~7月の歯科医師数(延べ)は、都道府県歯科医師会からの報告では、11,342人、全国の歯科大学・歯学部、病院、学会等からの報告では、1,385人で、累計12,727人。接種回答(対象数)は、都道府県歯科医師会からの報告では629,559回、全国の歯科大学・大学歯学部、病院、学会等からの報告では91,912回で、累計721,471回だった。

8月の結果は、集計が終わり次第報告する予定。今後も日本歯科医師会は、全国の歯科医師、歯科大学、歯学部と共に、新型コロナウイル感染症対応の最前線で日々戦っている医療従事者と連帯し、決意を持って協力し一日も早く日常生活を戻すことができるよう、ワクチン接種に協力していく。

 

以上のように歯科医師として可能な限り対応している数字が明らかになった。その一方で5月18日に開催された日医の2021年度第1回都道府県医師会会長会議の概要が日医ニュース(65)で報道されたが、特に注目された、ワクチン接種について、歯科医師を活用することに関して、「医師、看護師を接種者とすべき」(福井県医師会)、「歯科医師の活用は最終手段」(京都府医師会)などの意見があったようだ。また、829日のNHK日曜討論で、中川俊男日医会長は、「ワクチン接種に歯科医などの専門家の協力を得ることになったが、日医として会員に改めて協力要請したことで、医師・看護師でほとんど対応できるようになりました」と要旨現状認識を述べていた。

 

一部マスコミにもあったが、医師の“歯科医師によるワクチン接種”への微妙な認識は否定できないようだ。日医の“特権死守”の動きは、今回の新型コロナワクチン接種でも見られたという指摘がある。高齢者向けワクチンの打ち手不足の対策として、政府は歯科医師に協力を要請することを決め、426日に厚労省が自治体に通知した。「予防接種の実施主体である自治体の長が、看護師等の確保に取り組んだ上で、それでも必要な看護師等の確保が困難と判断し、地域の医師会等の関係者とも合意の上で、地域の歯科医師会等に協力要請する必要がある」とする内容であったが、この行間からは、“歯科医師への要請”は慎重にするようにとも解釈できそうだ。そうでないのなら、もう少し言葉・表現に留意が必要でもあったと指摘できる。

事実、医師法ではワクチン注射ができるのは医師と、医師の監督下の看護師らに限られているが、菅首相としては、柔軟な対応が必要として、歯科医師の協力が不可欠と判断していたと想像できる。これについて読売新聞(526日付)は“歯科医師投入、日医が難色”として、自民党議員が日医の中川会長に歯科医活用を提起したところ、“ちょっと待て。よく検討しなければダメだ”」と拒否反応を示したと報道。さらに、菅首相は「歯医者を加えると医師会が嫌がる。PCR検査でもそうだったが、そんなことは許されない」として押し切ったと記事にしている。一方で、68日、東京都医師会、東京都歯科医師会、東京都薬剤師会、東京都看護協会の4団体は、産業医がいない中小企業等に新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種を行う“東京ワクチンチーム”を発足させると発表しており、尾崎治夫東京都医師会会長は、記者会見で「どんどん接種を進め、東京から感染者がいない環境を作ることができるよう頑張りたい」と述べていたという。

 

歯科医師のワクチン接種について、スタートされて間もなく、日歯会員から「都道府県の医師会によって対応の温度差がある。我々は要請があっての活動ですからね」と冷静に理解していた。しかし、冒頭の日歯のプレスリリースのように、約72万人に接種行為があり貢献したことは事実である。今後の動向にも注目されるが、日医・日歯としては、必要とされる連携は促進してほしいのが医療専門家に求められている姿勢である。