お花茶屋の歯医者コージ歯科の予防歯科について

コージ歯科
0120-814-807
Web予約はこちらから

facebookライン@YouTube

予防歯科

予防歯科とは

画像

プロケアとホームケアのバランスが大切です

虫歯と歯周病の予防・再発の予防を行い、その上で一生涯自分の歯で食べていけるよう、定期検診から治療後の管理を行います。虫歯や歯周病は、それぞれ原因になる細菌がお口の中にいます。これらの細菌の固まり(バイオフィルム)が病気を進行させます。当院では、お口の環境がどのような状況なのかを定期的にチェックし、バイオフィルムの除去を重要視しております。その後メインテナンスとしてその患者様の状況にあわせて1ヶ月から半年に一度ご来院いただき定期検診を実施します。予防歯科は歯科医院によるプロケアと、ご自宅での適切なホームケアが重要です。患者様に合わせたホームケアの提案をさせていただき、口腔内の良い状態を維持します。

予防歯科治療のご紹介

○“12歳児むし歯本数”新潟県17年連続全国一:県は「要因はフッ化物応用」指摘 新潟県は5月10日、独自に行った平成28年の歯科疾患実態調査で、12歳児のむし歯数は1人当たりの平均で0.44本だったとプレス発表した。それによれば、文部科学省の学校保健統計調査でも0.4本となり、17年連続での全国最少...
 平成29年国民健康・栄養調査企画庁解析検討会が3月23日、厚労省で開催され、栄養調査の企画について議論した。重点テーマとして「高齢者の健康・生活習慣に関する実態把握」を挙げ、“健康寿命の延伸・健康格差の縮小”を目標設定の考え方にしている。特に個人の行動変容としてポイントとして次のことを示した。「高...
ためになりますので、参考にして下さい!
約1兆円ずつ増え続けていた我国の年間医療費の総額が、ついに40兆円を超えました。その36%を占めるのが「75歳以上」の高齢者であり、一人あたりの平均額は約93万円に達します。「75歳未満の65歳以上」については約21万なので4倍以上です。 あと10年すれば、団塊の世代の皆さんがすべて75歳以上となり...
当院では、リップトレーナー「Mパタカラ」のご紹介をしております。 医療機器として認証され、パタカラより「Mパタカラ」として生まれ変わりました。 Mパタカラは口腔環境改善器具で、特殊な樹脂素材を使用しております。Mパタカラをお口に入れストレッチし、口輪筋(こうりんきん)に負荷を加えることで、口呼吸の改...
PMTCとは歯科医院で行う専門家による歯のクリーニングのことで、毎日の歯磨きだけでは落としきれないプラークや歯石などのバイオフィルムの除去と、タバコや茶渋などの着色や汚れを、専用の器具を用いて清掃します。 基本的には予防法としての治療ですが、歯の色もより白くなりお口の爽快感も抜群なため、PMTCのみ...
患者様の唾液を採取し、位相差顕微鏡によってお口の中の細菌を直接見ることができます。顕微鏡でどのような種類の菌なのかを把握することで、歯周病の進行具合や今後の治療対策がわかります。 実際にご自分のお口の中を見ていただくことで、予防の大切さを実感していただくことができます。また、細菌が少なくなったなど、...
歯周病検査 プローブという器具を歯周ポケット(歯肉の溝)に差込み、深さを測定します。 歯周ポケットの深さにより歯周病の進行度がわかります。   歯肉の出血測定 歯周ポケットからの出血を調べます。歯磨きで血が出る場合も同じです。   歯の動揺度測定 直接ピンセットで歯をつまみ、歯の...
歯科医院でお口を清潔にしてもらっても、毎日の歯磨きが間違っていたら元も子もありません。歯磨きしにくい場所をしっかりとチェックし、効果的な歯磨き方法をお教えします。 また、歯科医院側では、通常の歯磨きでは落としきれないプラークや、歯にこびりついた歯石を「超音波スーケラー」という機器を使用し除去します。...

ページトップへ戻る