位相差顕微鏡による治療|お花茶屋の頼れる歯医者コージ歯科

コージ歯科
0120-814-807
Web予約はこちらから

facebookライン@YouTube

予防歯科

位相差顕微鏡による治療

患者様の唾液を採取し、位相差顕微鏡によってお口の中の細菌を直接見ることができます。顕微鏡でどのような種類の菌なのかを把握することで、歯周病の進行具合や今後の治療対策がわかります

実際にご自分のお口の中を見ていただくことで、予防の大切さを実感していただくことができます。また、細菌が少なくなったなど、治療後の経過を見ることで、患者様のモチベーションも上がります。

 

歯周病を薬で治せるって知ってますか?

歯周内科治療といい、位相差顕微鏡により歯周病の原因菌を判別し、菌への殺菌効果がある薬で除菌治療を行います。
また、抗カビ用の専用歯磨き剤で歯を磨いていただきます。
その後は、通常の歯周病と同様にメインテンスを行い、歯周病を予防していきます。

※まずは一度ご相談ください。

ページトップへ戻る