歯周外科手術|お花茶屋の頼れる歯医者コージ歯科

コージ歯科
0120-814-807
Web予約はこちらから

facebookライン@YouTube

一般歯科

歯周外科手術

歯肉切除

歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術になるため短時間で行うことができます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯ぐきに麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

フラップ法

歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去し、歯肉を元の状態に戻します。

組織再生誘導法(GTR法)

重度の歯周病によって失われた、歯周組織を再生させる治療のひとつです。
まずは、歯周病によって破壊された根面を清潔にします。そこにメンブレンという特殊な膜をかぶせ、不要な歯肉が入り込まないよう歯槽骨・歯根膜の回復させるスペースを作ります。こうすることでメンブレンの上には歯肉が回復し、その下では歯槽骨がゆっくりと回復してきます。歯周組織の再生には歯周病の程度など個人差があります。

エムドゲイン法

エムドゲイン法もGTR法と同じく、歯周組織を再生させる治療のひとつです。
異なる点は、GTR法はメンブレンにより不要な組織の進入を防ぎますが、エムドゲイン法は組織の欠損部にエムドゲインゲルを塗布し歯周組織の再生を促します。  エムドゲインとは、スウェーデンで開発された歯周再生材料で、子供の歯が生える時に働くタンパク質の一種です。

ページトップへ戻る